ヨガをして良かった事は気持ちの切り替えがやり易くなった事です。

ヨガをして良かった事は気持ちの切り替えがやり易くなった事です。私は障害者です。精神障害者といううつ病・躁うつ病を両方わずらっております。この病は、ストレスや過去の思い出したくない事からくるものなので、忘れたくても忘れられないのがやっかいです。そこで精神科の先生に相談をした所、「薬だけでなくヨガをやってみるとよい。教室に通わなくても、インターネットでもやさしく解説しているし、気軽に出来るものもたくさんある」という事でインターネットの動画サイト:YOUTUBEで調べて、呼吸法と柔軟運動(肩の力を抜く)をやりました。

そうした所、少しづつではありますが、嫌な事から抜け出せて、「何とかなる」という前向きな気持ちになれました。その日の体調や薬の関係もあって、完全とまではいかないのが、まだ現状としてはありますが少なからず、以前と違って薬に頼る事なく、気持ちを切り替えられる様になったのは大きな進歩だなと思いました。いずれは出来る事を増やして気持ちの切り替えの増進や薬の軽減にもつなげられたらと思いました。

 

現在は辞めてしまいましたが、以前、約1年間ヨガを習っていました。身体を動かすとともに、心のバランスを整えたいと思ったのが、ヨガを始めたきっかけです。インストラクターの方の誘導に合わせて呼吸を整え、意識しながら身体を動かす。動き自体は決して複雑ではないものの、自分が今どこの筋肉を使っていて、どこを緩めているのか、ほんの少し意識するだけで身体の使い方が変わりました。

今でも身体の疲れを感じた時に役立つ動きを、たくさん学ぶことができました。またレッスンによっては、あぐらの姿勢や、シャバーサナ(仰向けで寝た状態)で1時間、インストラクターの方の優しい声に導かれながら、心地よく思考を休める。そんな贅沢な時間を過ごすものもありました。思い返せば、普段の生活の中で意識的に思考を休める時間というのはなかなか取れていないもので、瞑想のレッスンの時間はとても貴重なものでした。こちらもまた、今でも寝る前に数分間取り入れており、翌朝すっきりと目覚めることができています。断然ですよ。カルドのヨガが一番でした。

ホットヨガ カルド 八王子